月経を調節するための避妊薬とアロマセラピー

月経はイライラや倦怠感などとともに、頭痛や腹痛などの月経痛が出ることもあります。女性にとって月経前後や月経中は、それゆえにアクティブに動きまわることも出来ず、症状の重いケースではまともに起き上がることすらできないこともあります。そんな月経を調節するのによく使われているのが、避妊薬としても有名なピルです。ピルは避妊薬として使われることが一般的ですが、他にも月経予定日をずらしたり、月経痛の鎮痛剤の代わりに利用するということもあり、月経を調節する上で利用者も多いようです。ただしは薬局などでは市販されておらず、購入するためには医療機関を受診して、医者からの許可が必要になります。これはピルが避妊薬という特殊な薬であるだけでなく、その人によっては使用条件が適さないこともあり、副作用の危険もあるためです。もちろん避妊ならば避妊薬の代わりにコンドームを使用したり、月経痛には市販の鎮痛剤でも対応可能です。しかしピルに限らず、できることならあまり薬に頼らずに月経を快適に過ごせるようにしたいものです。そういった際にお勧めな方法が、生活習慣の見直しとハーブを上手に使ったアロマセラピーなどです。生活習慣はたっぷりの睡眠時間と栄養バランスの良い食生活、身体を冷やさない飲み物や適度な運動などが月経には良いとされています。またアロマセラピーはリラックス効果がありますので、入浴中や睡眠前などに行うと効果的です。もちろんそういった時間帯でなくても、アロマセラピーを時間に余裕がある時に、取り入れてみましょう。このようにさまざまな方法を駆使することで、つらい月経期間を上手に調節し、できるだけ不快感を緩和して快適に過ごせるように心がけると良いでしょう。