避妊薬は確実に避妊をする

確実に避妊を行いたいと言う女性におすすめなのが、ピルとも呼ばれる経口避妊薬になります。経口避妊薬は、避妊を目的とした女性ホルモン剤になります。
女性の生殖機能を司る卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類が含まれており、排卵を抑制して、子宮頚管粘膜の性状を変化させて子宮に精子を侵入することを抑制し、子宮内膜を変化させて受精卵の着床を防ぎます。その他にも、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに使われており、男性ホルモンを抑制する機能によってニキビや肌荒れを改善する効果もあります。
避妊薬はコンドームなどの方法よりも高く確実な避妊率を得ることができる薬です。低用量ピルは99.9%避妊することができるとされています。しかし、これは正しい服用をした場合で、一日1錠なるべく同じ時間に服用する、飲み忘れから24時間以内に飲まなければ効果は得られない、2日以上飲み忘れてしまった場合にはその時点で中止し、生理になったら再スタートを行い、それまでには別の方法で避妊する必要があります。
確実に避妊の行えるピルですが、服用できない人もおり、成分に過敏性素因がある、乳がんや子宮がん、子宮筋腫などの患者や疑いがある場合、血栓症を起こした人や高血圧の人、35歳以上で1日15本以上のタバコを喫煙している、コレステロール値や中性脂肪が多い場合などは循環器系の病気や血栓症のリスクを高めるなどが考えられます。
しかし、子宮がんや骨粗しょう症などの病気のリスクを下げる効果もあるため、医師に相談することが大切です。
また、避妊薬は確実とも言える確率で妊娠を防ぐことはできますが、性感染症を予防することはできないため、コンドームも併用することをおすすめします。