避妊薬は生理時の出血量が少なくなると普及率も高まる

高い確率で妊娠を回避させることができるといわれている避妊薬は、女性には非常に身近である、毎月の生理に伴う様々な問題を改善させてくれる素晴らしい効能も有り、生活改善のために服用する方も増え、我が国においても普及率は徐々に上がってきているようです。とは言うものの、まだまだ諸外国に比べると、著しく低い普及率であるといわれており、日本にはいまだに避妊薬に対する誤解や偏見が根強く残っているといわざるを得ません。というのも、日本は副作用の少ない安全な低用量ピルが解禁となったのは、つい最近のことで、それまでは副作用のきつい、中、高用量のピルが使われていました。このためピルは身体に悪いといったイメージがついて回っており、また、避妊薬を服用している女性は、軽い、性行動が活発だといった女性軽視をする男性も多く、ピルを服用しているということを公には出せない女性も少なくはありません。しかしこの低用量ピルは、ほぼ確実に妊娠を回避させてくれるということ以外にも、毎月の生理の周期を安定させてくれたり、出血量を驚くほど減少させてくれるので、非常にうれしい効能が期待できるのです。生理の出血量が多いと悩んでいる女性は年齢に関係なくとても多く、ひどい場合は貧血で倒れてしまうことや寝込んでしまうこともあり、最近ではこういった月経時困難症の治療に用いられることも増え、普及率の増加に貢献しているようです。生理時の出血が多いと、必然的に強い生理痛を伴いがちとなり、腹痛や腰痛、頭痛などに悩まされる方も少なくありません。出血が減れば、生理用品を頻繁に取り変えなければならない煩わしさからも解放され、漏れやにおい、蒸れなどの不安もなくなります。